プラチナを選ぶとき

指輪

好みと使い方を考える

神戸でも結婚指輪でよく使われているプラチナですが、選ぶときはどのようにすればよいのでしょうか。プラチナは変色や変質に対して強く、白系の色合いを長く保つことができます。またダイヤモンドなどを加工しやすくなっています。そのためデザインも豊富です。神戸で多く使われているのは色の白さと、産地が少ないことで希少性が高いことが、結婚指輪に対するイメージに合っているからです。またプラチナ自体はアレルギーに対して安心できますが、強度を保つため、他の素材を配合しているので注意が必要です。配合しているものでアレルギーが起こりにくい素材として、イリジウムがあります。希少価値が高いことから配合しているところは少なくなっているので、神戸でもよく確認することが大切です。そしてプラチナは主にPt850、Pt900、Pt950、Pt1000の種類があります。純度を表しているPtは1000の場合100%です。Pt850からPt950は強度を強くするためにプラチナを85%から95%にして他の素材で補っています。結婚指輪ではPt900とPt950が選ばれていることが特徴です。Pt900は軽く加工がしやすいため、日常で使いやすくなっています。Pt950はPt900に比べたら重くなりますが、高級ブランドによく使われており、混ぜる素材によってPt900と性能に大差はありません。またプラチナには光沢とつや消しがあります。光沢はプラチナの輝きを最大限に活かしたものです。つや消しは輝きを消すことにはなりますが、落ち着いた雰囲気を表現したものになります。このようなプラチナの種類から、神戸で納得のいく結婚指輪を選ぶには2人の好みや、日常での使い方などをよく考えることが重要です。